ヘルタベルリンでのHudl Replay 活用法

ヘルタベルリンはリアルタイムの環境でアナリスト選手間のコミュニケションの向上を求めていました

ブンデスリガでフアナリストを務めるドミニクウォラトに試合中の分析の課題にどのように対処しているか教えてもらいました

ヘルタ BSC アナリストが行うクフロ主要な目的の 1 つはムの戦術や個人パフォマンスを問わ状況を分析して速やかにフィドバックすることですこれができるのは関係者全員の間でムレスなコミュニケションが取れるように構成されたフレムワクだけです

「Hudl Replay 使い始めるまで試合中の分析で大変だったのはチングスタッフとの会話でした。」語るウォラ。「一人一人に状況を説明しなければならなかったの時間がかかりました。Hudl Replay 使用している今は各自で映像を見ることができます

試合当日は施設内の有線ネットワクを使用してスタンドとベンチ間でコミュニケションをとりますトレニング中は私とチで直接や取りができるワイヤレスネットワクを構築しています通常すべてのトレニングセッションやムかアウェイかを問わ試合日に Hudl Replay 使用しています。」

アナリストと監督の円滑なビジュアルコミュニケーションを図ることは、重要というよりもはや必要不可欠なのです。

対戦相手の戦術やピッチ上の不利な戦況に対して即座に反応できれば勝敗に差が出ます。 「Hudl Replay 試合で非常に活躍します。」語るウォラ。「会話がしやすくなりますし口頭で説明しなくてもチングスタッフにピッチの状況を示すことができますスタッフは別の観点から試合を見ることができるのでムがより的確な決断を下すことができます。」

試合中の分析はウォラ率いる 5 人体制のムで管理する映像分析の数ある側面の 1 つに過ぎませんヘルタ BSC ではトレニングにも力を入れていますウォラ曰く、「選手の能力向上に有効な時間です

かつてはトレニングセッションが終わると選手たちはシャワ直行してピッチでの出来事をほとんど忘れてしまっているの日常でした。」語るウォラ。「今はトレニングで得られるメリットが数多くありますピッチ上で選手と話をしてその場の状況を示し改善することができるからです選手たちは直接返されるフィドバックに関心があるので、Hudl Replay 高評価しています現在は彼らの求めるものを提供できています。」

日々の仕事で、Hudl Replay Sportscode 両方を使用しています。2 つのルは連携していて速いです特定のインスタンスを自分やチの iPad 共有することができるので仕事に重宝しています

「Hudl Replay 試合中の相手にも対応できますより的確な判断を下すことができます。」

Hudl Replay について詳し見る