FCユトレヒトがどのようにWyscoutを活用しているのか

移籍市場で優位に立つ、次世代の才能を発掘する、そしてクラブの投資を最大限に活用する、オランダのエールディヴィジで活躍する FC ユトレヒトの狙いです。

チーフスカウトのアルジェ・シュトに会って、Wyscout Scouting Area を使用してこうした目標を達成するために、クラブがどのようにこのデータと映像分析ツールを活用しているか聞くことができました。

レポートでの証拠

ユトレヒトのように映像とデータに頼る部分が多いクラブの場合、どの選手がチームに最適か適切な判断を下すためのツール、分かりやすいワークフロー、明確な指標が必要不可欠です。シュト率いる 5 人体制の選手獲得チームは、幅広いリーグと選手についてレポートできるように新たに Wyscout Scouting Area を導入しています。

「すべてをカバーしておく必要があります 。」と語るアルジェ。「Wyscout データと映像を使用して自分たちで見てきたすべての選手についてレポートします。」スカウトの誰かが 1 対 1 が上手い選手やクロスボールが上手い選手を見ていると、その選手に注目している理由がチーフスカウトの私に分かるように、映像をクリップにして Scouting Area でレポートしてもらいます。これは、レポートを見る時間をなかなか取れないコーチやテクニカルディレクターにも有効ですし、あらゆる作業を誰でも簡単でシンプルに進められます。この方法なら、話題にしている選手のタイプなどが全員に伝わります。

スカウティング ソリューション

FC ユトレヒトには、Wyscout の使用方法について非常に明確なワークフローがあり、最も重要な選手に注目しながら、シュトとスカウトチームはすべてを手元に集めることができます。

「プレイリストで全選手を見ています。」と語るシュト。「通用しそうな選手がいると、ピッチ上に表示させて見ることができる シャドーチームに加えます。こうすると手元ですべて操作できますし、必要に応じてクリップを見たり情報を入手したりもできます。必要なものがすべて集約されている便利なソリューションですし、クラブとして何を求めているかも分かりやすいです。」

「私たちには、スカウティングエリアがとても重要です。映像を使用できますし、レポートをまとめることもできるからです。スカウティング チームとしては、コーチやディレクターもスカウト陣に同調して欲しいですし、スカウトした選手やチーム適用できそうな選手の鮮明な映像を見て欲しいです。」

「スカウティングエリアならコーチとテクニカルディレクターに正しい判断がしてもらえるはずです。実際に選手を見たのがスカウト陣だけで、コーチもテクニカルディレクターも見ていなければ、選手を明確に認識するのは難しいですし、おそらく契約しない可能性が高いです」

シームレスなソリューション

シュトが説明したように、ユトレヒトの選手獲得チームは、重要なライブの試合を確実に観戦してライブでのスカウティングの時間投資を最大限に活用する必要があります。最終的には、それが適正な選手との契約につながります。さらにテクノロジーのおかげで、シュトのチームはピッチ上の選手に伝える際も時間を節約することができます。

スカウティングエリアアプリを使用すれば、特定の選手を選択して、ラインナップに追加し、試合中、おそらくハーフタイムにでもコメントを追加することができますし、試合後にもコメントを付け加えることができます。すべてシステムにリンクされているので、ホテルに着いて 10 分足らずでレポートを仕上げることができます。

「アプリがなかったときは、全部ノートに書き込んでいました。かなりの時間がかかりましたし、頻繁にピッチから目を離さなければなりませんでした。その後、ホテルに帰ってからも、プラットフォームにすべて書き込まなければなりませんでした。今は、ほとんどすべての情報がすでにアプリを通して書き込まれています。日ごろの作業が楽になりました。」

Wyscout について詳しく見る