スカウティングがFCユトレヒトのキーポイント

FC ユトレヒトはオランダの「3 クラブとは対照的にスカウトと選手獲得に関して特有の課題に直面していますユトレヒトのフスカウトアルジェシュトに移籍市場で勝利するためにどのようにタと映像分析を使用しているか話を聞きました

1) 創造性が重要

ピッチ上の選手のようにスカウトや選手獲得のムでも特にリソスに恵まれているクラブと競り合う時は創造性が最も役に立つスキルの 1 つです最高の選手を獲得するという目標は同じですが必然的にクフロ違います

もちろんプレミアリグやセリエ A ムのように高額な予算はありません。」語るシュト。「そのため独創性と創造性が必要です信頼性の高いネットワクを構築しなければなりません多くの試合を観戦する必要があります。」

いわゆる仕上がった選手を獲得するのではな若い選手と契約するのでスカウトの能力が試されます市場での自分たちの立場を承知しているので契約して育成して他のクラブに売り込む必要があります。U-23 ムは数多くの経験が積める 2 グでプレしています選手たちはそこで成長し、1 軍を目指すことができます

2) テクノロジ解決

ユトレヒトのように次世代の隠れた才能を持つムを発掘するにはより広範な領域での調査が必要ですが限られた時間予算人材なのでテクノロジ力を借りています

ユトレヒトには 5 人のスカウトがいます。」語るシュト。「この少な人数でできる限り多くの試合を見たいと思っています現地でスカウトが観戦できる試合数は限られていますですから数多くのビデオを見ます。」

私たちは最初に映像を見てタを確認してからスカウトに移りますわざわざその国に出向いてスカウトを始めてみたら試合もタイミングも良くないことが多いからです。「そのため最高の映像と私たちが求めるすべてのグのタを揃えた Wyscout はとても重宝しています。」結果的にこの 10 年でスカウトする国々のネットワクは広がっています。」

3) ランドからタで

しかしながらこのネットワクを実際に日々のスカウトにどのように適用しているのでしょうかつい先日の移籍市場で、FC ユトレヒトのキャプテンウィレムヤンセンは怪我をしてしまったためスカウト部門は移籍を進める前に代わりの選手を探さなければなりませんでした最終的に当時 MLS ランドシティでプレしていたラミサネと契約しました

多くのビデオを見てタを照合しました最終的にラミヌとの契約を決めましたがランドに住む彼をスカウトしに行く時間はありませんでしたそのため映像とタに頼るしかありませんでした。5 人で一緒にビデオ映像を見てスタッツを分析しオンラインでいくつかのインタビュ映像も見ましたネットワクを利用して彼がどんな人物か聞いてみました。」

そして彼と話し合いの場を設けて適任だと判断しましたですが結局彼のプレ生で見ることな契約することになりました

Wyscout 試してみませんか

日本ムに Hudl 無料デモを申し込みください

デモをリクエスト